東京都 調布市 狛江市 府中市地域の在宅療養支援診療所 在宅医療・訪問診療・往診
(調布市、狛江市、府中市、三鷹市、稲城市、喜多見・成城・烏山など世田谷区の一部)

  • 在宅医療(24時間365日)
  • 内科 心・肺・脳
  • がん・緩和ケア

東京都 調布市 狛江市 府中市 地域の在宅療養支援診療所 在宅医療・訪問診療・往診
(調布市、狛江市、府中市、三鷹市、稲城市、喜多見・成城・烏山など世田谷区の一部)

お問い合わせ・お申込みは

03-5761-4199

03-5761-4189

和泉多摩川駅南口 徒歩1分

第4回ちょうふ地域見守り訓練に植松院長が参加してきました。

さわやかな秋晴れの季節となりました。

去る、2019年9月29日、第4回ちょうふ地域見守り訓練-西部地域-

が開催されました。

 

第4回ちょうふ地域見守り訓練に植松院長が参加_02

 

今年4回目を迎えるこの訓練は、『認知症』という病気に対し地域の広い世代の方々の認識を広げ、皆さんにとってどう身近な問題となり得るのか、講義や

模擬体験を通じ、認知症・徘徊者への理解を目指すものです。

 

当日は、調布市立富士見台小学校体育館に参加者は集合し、認知症についての簡単な講義を受け、街中で道に迷われている方々の探索に出かけました。

認知症を演じる地域高齢者の方々も、認知症患者の心理を理解し、学んだ知識を活かして、リアルなやりとりをしながら声がけを行いました。

 

今回は当クリニック院長の植松が参加者皆さんへの簡単な講義をさせていただいたのち、実際にグループになり街中に出て、認知症の役を演じて道に迷った方々を探しにいきました。

 

第4回ちょうふ地域見守り訓練に植松院長が参加_01

 

日々の日常診療では、多くの認知症患者さんを診ておりますが、実際に街中で徘徊の可能性のある方々への声がけというものは非常に難しいものでした。

徘徊されている方自身はその認識がないため、迷子になっていると認めることはありません。最初の声がけで拒否反応をされてしまうと、その後の会話が困難になる可能性は高いと感じました。

まずは、ご本人が困っていることを聞き出し、ともにそれを解決したうえで、ご家族のもとへ誘導していく必要があると思いました。

 

第4回ちょうふ地域見守り訓練に植松院長が参加_03

 

今回このような貴重な訓練を運営してくださった地域包括支援センターや社会福祉協議会等の方々にはとても感謝いたします。

そして、この訓練を今後の認知症診療に生かしていければと思います。

 

院長 植松淳一